• 八坂神社写真展
  • 八坂神社の御朱印をご紹介いたします。
  • よくあるご質問
  • 常盤新殿
  • 祇園獅子舞研究会会員募集中
  • ボーイスカウト・ガールスカウト募集中

崇敬会について

崇敬会入会のご案内

八坂神社は千数百年の昔に創建され、古来より疫病退散の神として信仰を集め、「祇園さん」の名で親しまれております。

祭礼である祇園祭とともに平安京千二百年の歴史と文化の発展に深く関わり、人々の心のよりどころとして歩んでまいりました。常に敬神崇祖の念厚き人々に支えられ、信仰と文化を発信し続けて今日に至っております。

平成7年より行われた平成の大修造営事業、また平成19年の西楼門修復事業により国の重要文化財に指定された本殿並びに西楼門の改修が、氏子を始め全国崇敬者の真心の結集により無事完遂されました。先人の真心が脈々と今に引き継がれ、まさしく祇園信仰の奥深さを如実に現しております。

これを後世に正しく伝えることにより、八坂神社のご神威を発揚し、崇敬の念の昴揚を図り、以て日本文化の発展に寄与する事を目的に活動を続けてまいります。

なにとぞ本会設立の趣旨にご賛同賜り、ご入会いただきますようご案内申し上げます。

八坂神社社務所

会員の種別と会費

※本会は個人並びに法人(団体)会員とします。

個人会員 会員 年額 5,000円
正会員 年額1口 10,000円
法人会員 年額1口 20,000円

会員の待遇

  • 毎朝の日供祭に無病息災・家内安全・事業繁栄を祈願
  • 毎年お札の授与
  • 法人会員創立記念日に事業繁栄祈願祭を執り行いお札(会員特典授与品)を授与
  • 個人会員(正会員)の誕生月初めに誕生祭を執り行いお守り(会員特別授与品)を授与
  • 重要文化財本殿の特別昇段参拝
    ※本殿繁忙期にはご遠慮いただく場合がございます。
  • 八坂神社又は本会が主催する各種神事・行事の案内
  • 年2回八坂神社社報の送付
  • 常磐新殿利用料金の割引(会場使用費の割引・婚礼利用の特典・喫茶利用の割引)

その他、毎年の祇園祭パンフレットや、をけら詣りの火縄(正会員)の授与等様々な特典がございます。

主な年間祭典行事

会員の皆様には下記のご案内をさせていただきます。
祭典は、神社関係者並びに崇敬会員のみご案内させていただいております。

祭典

崇敬会神恩感謝祭 4月29日 崇敬会の年に一度の大祭で、神恩に感謝するお祭りです。祭典後、会員総会・講演会も開催いたします。
例祭(大祭) 6月15日 御祭神ゆかりの日を選んできめられた大祭で、神楽「東遊」が奉奏されます。
水無月大祓式 6月30日 半年の罪穢れをお祓いします。また境内にて茅の輪くぐりの神事が執り行われます。
疫神社夏越祭 7月31日 境内の疫神社で茅の輪くぐりの神事が執り行われます。
新嘗祭(大祭) 11月23日 ご神前に新穀をお供えし、一年の五穀豊穣を感謝するお祭りです。
師走大祓式 12月31日 半年の罪穢れをお祓いします。
祈年祭(大祭) 3月17日 一年の五穀豊穣を祈念するお祭りです。

行事

雛道具展観 4月上旬 三井家より寄贈の雛道具の展観があります。
初桜能 4月上旬 能舞台において、真謠会により能の奉納があります。
御神楽奉納奉告祭 6月14日 例祭前夜に、弥栄雅楽会により「人長の舞」の奉納があります。
祇園社観月祭 中秋の名月 中秋の名月を愛で、献詠の披講や舞楽・筝曲等の奉納行事があります。
舞楽奉納 11月3日 境内に大太鼓を組み、弥栄雅楽会が舞楽を奉納します。
をけら詣り 12月31日 個人正会員に火縄を授与いたします。
鏡開き 1月10日 八坂神社が開催する鏡開きに、法人会員をご招待いたします。
伊勢神宮新年参拝 1月 新年に伊勢神宮内宮・外宮の特別参拝をし、内宮において神楽を奉納いたします。
八坂神社文化セミナー 年2回開催 八坂神社が所蔵する文化財を展観し、文化財について知識を深めていただく研修会です。

入会について

入会をご希望の方は、神社社務所にて直接お申し込みいただくか、入会申込書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、お申し込み下さい。

申込用紙のダウンロード

個人用申込用紙ダウンロード 法人用申込用紙ダウンロード

お問い合わせ

崇敬会事務局
京都市東山区祇園町八坂神社内
TEL.075-561-6155 FAX.075-531-1126